MENU

複数の消費者金融への申し込みはNG

審査に通るか不安だからといって、複数の消費者金融に申し込むのは止めましょう。実はローンの申し込みを複数社にしているというのは照会をした時にわかります。

そうすると、とてもお金に困っていて返済能力がない人なのではと思われ、審査不可とされてしまい、しばらくはどこに申し込んでも審査が通らないことになるでしょう。

申し込みの履歴は、半年から1年は残りますので、同じ日や近い日に連続して複数の申し込みは止めた方が良いのです。

嘘の申告は絶対にダメ

カードローンを申し込む時に、他社の借入の件数や金額を申告しなければならないのですが、実際よりも少なく申告したり、借入は無いなどの嘘の申告をすることは止めましょう。

照会をかけると他社借入件数、金額もすべてわかるようになっています。「嘘の申告をした」というだけで、信頼のできない人ということになり、審査不可となりますので注意しましょう。

その他に、勤務先や勤続年数、年収をごまかしたりしても不可となります。

お金の借り過ぎに注意

ほかに注意したいのが、借り過ぎです。カードローンは融資限度額の範囲内なら何度でも繰り返して融資を受けられます。借入は提携のコンビニや銀行のATMからできますので、自分の口座からキャッシュカードで引き出している感覚に陥るのです。

それが積み重なると知らない間に限度額いっぱいに借金をしていたということになります。返済が厳しくなってきて他社から少し借りて返済するようになると、返済不能や自己破産までになってしまうことがあるので十分に注意しましょう。

年収の3分の1までしか貸してはいけないことになったため、以前ほど支払いに困窮する人はいないのですが、突然会社が倒産したとか、病気やケガをして働けなくなったという理由から返済が滞る人もいます。