MENU

保証人が必要なケースとは?

お金を借りる時に「保証人をつけてください」と言われることがあるでしょう。保証人が必要なケースは、例えばですが住宅ローンやマイカーローン、事業者ローンなどで高額の融資を受ける場合や、未成年者がお金を借りる場合、専業主婦がお金を借りる場合などがあります。

もちろん、これら以外のケースでも、金融機関が必要と判断したらつける必要があります。申し込み人だけでは属性が弱いとか、返済能力に不安がある場合は保証人が必要となるのです。

保証人と連帯保証人の違い

保証人には「保証人」と「連帯保証人」の2つがあります。基本的には債務者の借金を肩代わりする人なのですが、意味が少し違います。保証人は、債務者がどうしても返済できなくなった時に代わりに返済する人になり、連帯保証人というのは、債務者と同様の義務を負う人になります。

保証人の場合は、債務者にまず請求して督促して支払ってもらうように言いますが、どうしても支払えないという時になって初めて請求がきます。連帯保証人の場合は、極端な話ですが債務者に請求せずにいきなり連帯保証人に請求がくる可能性がありますし、また請求されたら支払わなければならない義務があるのです。

保証人になって欲しいと言われたらどうする

もし、親しい人や親族から「絶対に迷惑はかけないから」と保証人になって欲しいと頼まれたらどうしますか。連帯保証人になるということは、自分がその借金をすることと同じだと認識して、署名、捺印しなければいけません。連帯保証人ではなく、保証人になって欲しいと言われても同じことです。

保証人は債務者が支払えなくなったら代わりに支払うものですが、責任はあります。どちらを求められたにしても、どこまで責任を負うのか、金額はどれくらいなのか、もし自分に降りかかってきたら支払えるのかをよく考えて、なるかならないかの判断をしましょう。